漫画喫茶とインターネットカフェの違い

img-1

漫画喫茶と言う用語は元々喫茶店で多く漫画を揃えたサービスを行う店があり、そこから発展した形で漫画を売りとしたサービスを強めたものが漫画喫茶と言います。



今の御時世では漫画喫茶と言われる事はほぼ無くなっています。



その理由としては漫画だけをメインに扱うのではなく様々なサービスを混合したものとしてインターネットカフェが上位にあるためです。つまり今は漫画喫茶と言わずインターネットカフェと同意に扱われます。



ただ漫画を主体としてインターネットも利用できるという漫画喫茶を自負する店も中にはあり、実質的にはインターネットカフェと変わらないと考えていいと思いますが、漫画や雑誌などの規模が普通のインターネットカフェよりも大きく、図書館並のレベルだったりします。



明確な基準はないのでそれぞれの店舗がそう言えばそう言うという解釈でいいと思います。



昔から料金体系は時間によるもので、1時間数百円から延長料金を支払うシステムで、これもインターネットカフェと変わらないシステムです。

初めは漫画、パソコンだけだったサービスもどんどんと追加されていき、今ではテレビ、DVDはもちろん、遊戯施設としてビリヤードやダーツ、卓球、仮眠スペースにサウナやシャワー室、マッサージ機や日焼けマシンまで用意しているところもあります。



飲食のサービスも軽食程度には用意できるところがほとんどです。



外出せずに全部施設内でニーズに対応している空間と言えます。



関連リンク

img-2
利用しやすいのが魅力の漫画喫茶

漫画喫茶は人の目を気にすることなく、長時間居続けることができるのが魅力です。元々長時間の利用に適した仕組みとなっているので、一般的な喫茶店と違って何時間滞在しようとも問題となることはないため、思う存分漫画や店の設備を堪能することができます。...

more
img-2
スマートフォンのアプリのプログラミングについて

多くの人はプログラムに使われる言語は昔から数が変わらないと思っていますが、実際にはそんなことはありません。毎年いくつかの新しい言語が生み出されています。...

more
top